M性感で働いてる人って、私生活もサディストなんですか?

M性感で働いている人の本当の姿は気になるはずです。
普段もサディストとしてのプレイを好む場合もあれば、私生活はドMという女性も多いのです。
どんな女性でもM性感で働くことができますから、安心してエントリーしましょう。

M性感はサディストじゃなくても大丈夫

M性感で働く女性は、根っからのサディストじゃないと勤まるわけではありません。
つまり、普段はMな女性でも、働く意欲さえあればM性感嬢としてデビューを果たすことができるのです。
稼ぎの良さに惹かれても、サディストを募集していると勘違いしている女性が多いでしょうが、私生活はSでもMでも構いません。
サービスに徹することができるような女性ほど、M性感では人気となります。
私生活がどのようなスタイルであっても構わないので、お店のコンセプトに寄り添ったサービスができるようになることが、お店にとっては必要な人材となります。

求人情報を確認することで安心感がアップする

M性感の求人情報を確認すると、サディスト以外の女性が活躍できることがわかります。
初心者でもマニュアルに沿ってサービスを提供することができるのであれば、自然と人気がアップ。
指名がどんどん入るようになってくると、指名バック分も上乗せされて給料が支給されるでしょう。
M性感には男性を興奮させるオプションが満載です。それを自分でカスタマイズしながら楽しむことができるのも人気です。
もちろん、働くキャストにとってもオプションバックがプラスされるので、時給アップのカギを握る存在となるでしょう。
それが、M性感で稼げるポイントなのです。

severe_00035035

私生活とは切り離して考えるのがベスト

普段は生粋のMだったとしても、サービスをするのに抵抗がないのであれば、M性感嬢として働くことができるでしょう。
つまり、私生活とは切り離して考えてもらうと良いのです。もちろん、サディストだと自負する方からのエントリーもお店は大歓迎です。
お客さんを喜ばせることができる人材であれば、SM問わずに募集しているのがM性感です。
気持ち良いサービスを丁寧に施すことができるのであれば、私生活がどうであっても採用には影響しません。
あくまでなりきることができるかが成功のポイントです。

M性感で働く女性は、全てがサディストなわけではありません。私生活がMという女性も少なくありません。
でも、M性感嬢として働くのは、サービスに徹することができるかがポイントです。
お店にとっては一生懸命働いてくれる人材こそ貴重なのです。