いつが施工時?リフォームの目安と時期を知る!

>

そろそろ老後に合わせてリフォームしてみない?

50代以降は同居や介護の面を考えて

仕事や子育ても落ち着いて、時間にも余裕が出てくる50代だからこそ、思い切ってリフォームを依頼するケースもあります。
この場合、20~30代の時に施工する様なお子さんの為であったり、趣味の為であったりするリフォームとは異なり、自分達の身体に合わせてバリアフリーを導入する、または新しい家族と生活をする為の施工が多い様です。
バリアフリーに関してはまだ早いという声もありますが、設備に慣れておく事でいざという時にスムーズに利用出来るようになります。お子さんが家庭を持ち、同居する場合、大規模な改築が必要になるので体力・気力のある50代の内に施行をしたいと考える方も多くいます。人気施工としてはトイレや浴室などの水回り、手すりや段差をなくす施工が挙げられます。

快適な空間を作り上げる

様々なライフステージがあり、その都度私たちの生活も大きく変わります。身体機能が衰えてしまう前に、施行をする事でより快適な生活を送る事が出来ますし、新しい家族との生活もより楽しくなります。
ちなみにこの年代は最もリフォームに積極的だといわれているのですが、その反面正しい知識を持っていないとリフォーム詐欺にあってしまう可能性も高いのです。まず業者へ依頼する前に複数の企業へ見積もりを依頼し、相場を知る事から始めましょう。
打ち合わせの際も、こちらの質問や確認を面倒くさがらず真摯に対応してくれるか、または費用の内訳をしっかりと説明してくれるかといった点をチェックしていくとリスク回避が出来ますし、信頼出来る業者へ依頼が出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る