いつが施工時?リフォームの目安と時期を知る!

>

こんなトラブルがあったらリフォームが吉!

カテゴリ別リフォームの目安について

リフォームといっても部位ごとに目安が異なりますし、やみくもに行っては無駄な費用が発生してしまうだけです。ここではカテゴリ別にリフォームの目安を公開していますので、参考にして見て下さい。
まず劣化しやすいと言われている水回りです。使用頻度が高く、湿気が多いので10~15年でリフォームをするとよいでしょう。また亀裂や腐食がみられる場合はただちに業者へ依頼するのがベストです。
15~20年ほど経過すると住宅の土台や給排水管など、根本の部分が劣化してくるといわれています。また木造の場合はシロアリが入ってしまう可能性もあるので、リフォームが必要です。
窓周りや建具は20~30年ごとにリフォームを行うのがおすすめだと言われています。

トラブルが起きてからでは遅い?

住宅のトラブルやリフォームの目安は素人判断が難しく、つい先送りしてしまいがちです。「今は不備がないし、もう少し先でもいいかな。」と思い、放置していると思わぬトラブルになりかねません。
また事前補修を兼ねたリフォームと、実際に不備が発生してからのリフォームでは大きく価格が異なります。
目安として早めのメンテナンスを行う場合は5~10年、室内の壁や外壁、浴室のドアや給湯器といった細かな設備のチェックを行うと良いでしょう。早めにリフォーム施工をする事で、住宅の寿命を延ばす事が出来ますし、いつまでも美しい状態を保てます。
ちなみにシロアリは一度入ってしまうと駆除に時間がかかりますので、防蟻処理に関しても5~10年のサイクルで行うのがベストです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る